じゅんちゃいの気になること・わからなかったこと調べましたブログ

私の知りたい・私の分かりにくかったことを調べました。があなたに役立つといいな♪という気持ちでいます。

ワイヤレス(Bluetooth)耳掛けイヤホン・耳入れイヤホン比較

   

00.はじめに

私は、全然マニアじゃありません。

だから、自分が使ってみて、私の用途としてという比較をします。

カンタンにどちらがいいということではなく、こっちはこうですということを述べるので、お読みになった方は、私の好きな方にではなく、それなら自分はこっちのがというご参考になさってください。

自分の条件はこうなので、こちらの方がいいですと述べてもいますが、それは私の用途でなので、それもご自身の条件に当てはめて、ご参考になさってください。

ちなみに、マニアでもないのに両方購入したのは、どちらか迷って、決めて購入した二か月後にウッカリ洗濯機に入れてしまって壊れたので、もう片方も購入したからです。

耳掛けイヤホンと耳入れイヤホンと呼びます。

00.はじめに

01.同梱品

02.充電

03.本体そのもの

04.音

05.私は…

 

スポンサードリンク

01.同梱品

ここは、必要な物が揃っているというだけなので、比較しません。

耳掛けイヤホン

  • ケース(ケースが充電器)
  • ケースを入れる袋
  • イヤーキャップ(?)
  • 充電コード
  • 本体

耳入れイヤホン

ケース

USB充電器

本体

イヤーキャップの替え(写真に写っていません)

 

02.充電

耳掛けイヤホン

ケースが充電されていれば、ケースを持ち歩くことで、外出時も充電ができます。

外出時も充電が出来るということがいい点だと思います。

ケースの大きさが気にならなければ、持ち歩きつつ充電も出来ます。

耳入れイヤホン

スポンサードリンク

ここに

本体を載せるのですが、本体とここが磁石でくっつくので、ジョイントしやすいです。

場所をとらないのがいいです。

03.本体そのもの

大きさ

見ての通り、大きさが全然違います。

小さい方が良いなら、耳入れイヤホンがいいと思います。

私は、そのままだとコロコロしてしまうのでケースに入れるようにしています。それが私にとっては欠点です。

耳掛けの方が、耳くらいの大きさがあるので、バッグにコレだけを入れても大丈夫なので、耳掛けの方がいいです。

耳に装着する

耳掛けタイプ

は、耳掛けイヤホンを使ってみたというブログでも話しましたが、くるんと引っ掛けます。

マスクや眼鏡と同じ場所に引っ掛けるので、気を付けないとマスクや眼鏡を外す時にポロンと落ちます。

耳入れタイプ

は、耳にきゅっと入れるんですが、どこまで入れればいいのかが…。慣れればいいのか、今は探り中です。

浅いとポロンと外れるので、キュッといれました。キュッと入れたら、外す時に耳がパコンってなる(耳塞いだのを急に取るみたいな)ので、それが耳にいいのかといえば、悪そうなので心配です。

重さ

どちらも、信じられない程軽いです。

耳掛けタイプ

軽すぎるので、髪を耳にかける時に気を付けないと、イヤホンが落ちます。

耳入れタイプ

軽いことに問題はないように思います。

04.音

00.はじめにでも申しましたが、マニアではないので、ここで言う音は、そういったマニアの言う音質のことではありません。

音質について専門的なことはわかりません。

耳掛けタイプ

外の音も聞こえるので、閉塞感がなくていいです。

骨伝導という話でしたが、本当に骨伝導なのかわかりません。

大きな音量にすると、音漏れもします。

耳入れタイプ

イヤーキャップで装着するので、片耳から入る外の音は遮断されます。

だからこそ、聴きたい音が聴けていいと思います。

 

05.私は…

私の好みは、耳掛けタイプです。

外の音も聴こえつつ、聴きたい音も聴けるという環境が私の求める第一条件だからです。

ただし、音漏れするので、電車バス等公共交通機関利用時には、周りに配慮する必要があると思います。

なので、公共交通機関を使う場面では、耳入れの方がいいと思います。

耳掛けは、私はかなり軽いものだったんです(3g)が、重みがあれば、髪を耳にかける時に気を付けなくても大丈夫ですかね?

マスクをつけっぱなしならいいけど、例えば職場で取り替える等ある場合は、耳掛けだとうっかり忘れて落とすことがあると思います。

気を付ければ大丈夫かもしれませんが、それに慣れるまではどうかなーと思います。

いい点も、合わない点もありますが、どちらも試したからこそ感じられることです。

 

スポンサードリンク

 - 使ってみました, 片耳無線イヤホン