じゅんちゃいの知りたい・わかりたい・やってみたなブログ

ほくろ切除、気になるアプリ、韓国語の教科書、等取り組んでみたことのレポートを綴っています。

外国語のbとpの発音が難しかった。有気音・無気音以外の説明ほしかった…。弾く位置で解決した。

      2022/01/29

私なりに(つまり発音を学問的に学んだエキスパートではなく、一悩める発音努力者です)困っていた。

英語、中国語、韓国語、…どれにもある音”B”と”P”。

文章の中にあれば、…例えば日本語だって外国の方が、「こ」を「ご」と言えば、「ご」にしか聞こえないけど、「ごんにちは」と言われれば、「こんにちは」と言いたかったねのって汲める。

最近では、Siri、Clips、翻訳アプリで、自分の発音を確認しますよね?

それでも、かなり高い確率で、”P”を”B”と認識されてしまっていました。

だいたい、説明で多いのは、手を口の前に置いて・ティッシュを口の前に置いて、息が強く出るのがPで、強く当たらないのがBと言われる。

でも、まるっきり発話ができないわけじゃないから、それっぽい音は出せる。日本人として聞き取ってもらえるレベルでは。

でも、外国では認識されないのよっっ!!と、悩んでいました。

で、ある日解決しました。

スポンサードリンク

中国語発音を徹底的に見直して発見

中国語を習い始めて、拼音表(ピンイン表…日本語の50音表みたいなもの)を見ながら解説と発話しているネイティブスピーカーの正面・側面動画で練習するということが始まりました。

そこでの解説も今までの説明と同じでした…。

スポンサードリンク

ただ、今までと違うのは、とにかくすごい回数・すごい時間練習しました。

解説もそこに及んでいませんし、動画見てもわかりませんでしたが、かなりの量発音していましたら、わかりました。

pとb

B音は唇の前または唇のどこで弾いてもBが出せるのは変わりませんが、

P音は唇の内側の方で弾くとP音になりました。

いわゆるアヒル口をした時にくっついている場所を弾く感じです。

↑そんなにあからさまではない。だから、発話している人を見てもわからない。

日本語より尖らせるwu?

日本語の「う」より尖らせて発音する”U”。

こもらせる音とも説明されます。

これも、できたりできなかったりの揺れながら、当たらずとも遠からずより少し良いという発音をしていました。

こちらも、ただ尖らせるのではなく、下の歯のトップレベルより下唇が上に位置すると、もっとWUっぽい音が出ると気づきました。

イウンに聞こえるingとか、難しいeugとか

これは、発話の時に口を縦に開ければ出ると、別の動画で案内されていました。

つい i に引っ張られそうになるけれど、縦開け意識するとイウンとは言っていないけど、ingよりはイウンよりの音が出ました。

大抵の音は、言葉を出そうというより…

音を出そうとすると出せるけれど、上記3つと、まだ私の中で解明していない音があります。

これからもっと練習して、掴んでいきます。

スポンサードリンク

 - 40代女性, 日本語・外国語・言葉